【日曜×プログラミング】年号・祝日・祭日・六曜がすぐわかる シンプルなカレンダー作りました。


日曜×芸人を見ながらパソコンと戯れていたYUKIです。
こんばんは!

普段からgoogleカレンダーやらスマホのカレンダーやら
卓上カレンダーやらいろんなカレンダーを使っているのですが、

  • 今日何曜日だっけ?(カレンダーによって月曜始まりだったり日曜始まりだったりして見間違う)
  • その日祝日だっけ?(Googleカレンダーの祝日わかりにくい)
  • 今日大安?仏滅?(意外と載ってるカレンダー少ない)
  • 今年って平成何年だっけ…(おしゃれor海外カレンダーには西暦のみだったり)
  • 来年の干支は…(そんな時期ですね)

っていうときがちょいちょいあって、
すべてを満たしているカレンダーが手元になかったので
(探せばきっとあると思うんだけど)これを見ればすぐわかる!っていうのが欲しくて、作ってみました。

Japanese Holiday Calendar
日本の祝日/祭日/六曜/干支/年号がひとめでわかるカレンダー

design

ほんとに祝日と年号と六曜とかが載ってるだけのシンプルなものです。
デザインも見やすいようにシンプルにしました。

祝日はマウスカーソルを載せるか、スマホだったらタップすると祝日名が表示されます。
完全に私ひとりが便利なだけな気がしますが、せっかくなので公開してみました。
次の連休を探したり冠婚葬祭の日程決めなどにも使えるかも?

レスポンシブにしたのでスマホでもいい感じに見れます。

祝日に詳しくなってきた

壁紙コレクションを作った時に書いたカレンダー描画のコードをベースに作っていたのですが、これは今月とか翌月とかのカレンダーを出力するのに使うコードだったので、過去のことを全然考えていませんでした。

過去にも遡れるようにするカレンダーを作るなら、皇室慶弔行事に伴う休日とかこのへんもきっちり処理しないとカレンダーがおかしくなってしまいます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E6%B0%91%E3%81%AE%E7%A5%9D%E6%97%A5

祝日についていろいろ調べたのでだいぶ詳しくなってきました。
特に5月の祝日が細々と変わっていることを恥ずかしながら知りませんでした…。

以前、5月4日が休みだった理由とか。(祝日と祝日に挟まれているから休みだった。今はみどりの日。)
振替休日のルールとか。

過去30年ぐらいさかのぼって見てみたのですが、
ここ10年ぐらいで本当に祝日が増えて3連休も増えてますね!

こんなところに2038年問題…

結構前に書いたコードにUNIXタイムスタンプを利用している箇所が結構あって
2038年問題をちょいちょい仕込んでしまっていることに気が付きました…

なので2037年までしかうまく動かないので今はまだ2037年までしか見れません…。

まぁまた祝日の法律が変わると思うので
そもそもこのままで2038年まで使えるわけではないんですが、
早めに書きなおそうと思います><

参考にさせていただいたサイト

なお、コードを書くにあたって以下のサイトのコードを参考にさせていただきました!
ありがとうございました^^

祝日の計算

AddinBox(祝日マクロ-2)

旧暦計算

旧暦計算PHPスクリプト


Japanese Holiday Calendar
日本の祝日/祭日/六曜/干支/年号がひとめでわかるカレンダー


こちらの記事もおすすめです

このブログで人気の記事です

コメント(Facebookのコメント機能を利用しています)

»

«


↓その他運営中のサイトのご紹介

Fireworksマニア Webサイトからカラーを抽出!分析!Web Site Color Picker PHOTO STOCKER -高解像度の無料写真素材- 壁紙カレンダー -デスクトップを飾る、サイズ豊富なデスクトップ壁紙- シンプルパターン研究所 -PhotoshopやFireworksで便利に使えるテクスチャ素材-
スタイルシート見出しメーカー -好きな色で作れる、あなた用のCSS見出し- ビビッドカラーズ -キュートなホームページ素材配布サイト- Android用の壁紙無料ダウンロードサイト Webデザイナー山口有由希のポートフォリオサイト